専攻科

専攻科概要

 専攻科は、本学における5年間の一貫教育を基礎に、さらに、2年間のより高度な実践的、創造的教育により、広く産業の発展に寄与できる実践的、研究開発型技術者を養成することを目的に、平成 15 年4月に設置されました。本科と併せたその教育プログラムは、国際的に通用する技術者教育を行っているとして、平成 17 年度修了生から JABEE 認定されています。

 大分高専の専攻科には、本科の機械工学科と都市・環境工学科をベースとした「機械・環境システム工学専攻」と、電気電子工学科と情報工学科をベースとした「電気電子情報工学専攻」があり、定員はいずれも8名となっています。専攻科で所要の単位を修得して、大学改革支援・学位授与機構に必要書類を申請・提出することによって審査に合格すると、「学士(工学)」の学位を授与されます。また、専攻科修了生は修習技術者となり、技術士一次試験が免除されます。

人材養成目的

 機械・環境システム工学専攻では、準学士課程で修得した基礎学力を基盤に、地球環境に関わる各種環境問題にも対応可能な学際的・融合的教育を行います。すなわち、機械システムと環境システムとの相互依存関係や高度な機械生産システムに深く関わる教育を展開することにより、専門性に富み、相互に関連した高度技術社会における自己表現能力を育み、グローバルな視野に立った、発想力、構想力、実現化能力を有した研究・開発型創造的技術者を養成することを目的としています。

 電気電子情報工学専攻では、準学士課程で修得した基礎学力を基盤に、電気工学、電子工学、情報工学に関する様々な分野について、より高度で専門的な技術教育を行うことによって、高度情報社会に対応できる新技術の独創的かつ実践的な研究開発能力や解析能力及び問題解決能力を備え、深い教養と広い視野を有する国際性豊かな創造的技術者を養成することを目的としています。

[出典:学校要覧]

教員名校 務
本田 久平専攻科長
坂本 裕紀機械・環境システム工学専攻主任
辻 繁樹電気電子情報工学専攻主任
帆秋 利洋機械・環境システム工学専攻副主任
徳尾 健司電気電子情報工学専攻副主任