機械工学科

人材養成目的

 機械工学科は、機械工学を中心とした幅広い学問と豊富な実験実習により、先端技術を含んだ多分野に対応できる人材の養成を目的とする。

 この目的を達成するために①機械の動きを解析・制御する技術、②材料をうまく利用する技術、③加工や製作の技術、④熱やエネルギーを利用する技術、⑤水や空気の流れを利用する技術、を中心とした学問・技術を教授し、これらを統合して社会に役立つものを設計・製作できる能力を培う。

[出典:学校要覧]

教員名担当科目主な校務
薬師寺 輝敏材料力学Ⅱ、工学実験Ⅰ・Ⅲ、工業力学、材料強度学、専門応 用力演習、工学基礎機械工学科長
松本 佳久材料学Ⅰ ・ Ⅱ、塑性加工学、工学実験Ⅰ ・ Ⅱ教務主事
菊川 裕規 高専機構本部出向
軽部 周機構学、機械力学Ⅰ ・ Ⅱ、工学実験Ⅰ ・ Ⅲ、非線形解析学、専 門応用力演習機械工学科5年担任
尾形 公一郎機械設計法Ⅰ・Ⅱ、設計製図Ⅰ・Ⅲ、工学実験Ⅱ、混相流工学地域共創テクノセンター長
坂本 裕紀材料力学Ⅰ、機械製図Ⅱ、設計製図Ⅱ、工学実験Ⅰ、生体材料工学、 つながり工学専攻科 機械・環境システム専攻主任
山本 通機械実習Ⅱ、機械工作法Ⅰ・Ⅱ、計測工学、工学実験Ⅰ、情報 工学Ⅰ・Ⅱ教務主事補
中野 壽彦機械実習Ⅱ、工学実験Ⅲ、制御工学Ⅰ、メカトロニクスⅠ・Ⅱ、 情報技術機械工学科1年担任
稲垣 歩専門応用力演習、熱流体計測、PBL、機械製図Ⅲ、工学実験Ⅱ、 機械数学、設計製図Ⅲ、エネルギー変換工学機械工学科4年担任
竹尾 恭平材料力学Ⅱ、工学実験Ⅱ、プロジェクト実験寮務主事補
手島 規博機械実習Ⅰ・Ⅱ、工学実験Ⅰ・Ⅲ、機械製図Ⅰ、工学基礎機械工学科3年担任
德丸 和樹 機械工学科2年副担任