都市・環境工学科

人材養成目的

 都市・環境工学科は、人口減少や少子高齢化にともなう社会構造の変化ならびに大規模地震や気候変動による災害リスクの高まりの中で、土木工学の知識を駆使して、人々の暮らしを守り、社会・経済活動を支える基盤をつくるとともに、良質な生活空間の実現に貢献する技術者
の養成を目的とする。

 この目的を達成するために、①社会資本整備技術、②防災技術、③環境保全技術などについて幅広い知識を教授する。

[出典:学校要覧]

教員名担当科目主な校務
一宮 一夫建設材料学、コンクリート構造学Ⅰ・Ⅱ、実験実習Ⅲ・Ⅳ、防災工学概説、防災工学、プロジェクト演習、構造工学特論、災害レジリエンス工学、コンクリート診断学学生相談室長
田中 孝典測量学、道路工学、交通工学、地盤工学、実験実習Ⅱ、交通システム工学、都市環境都市・環境工学科長
帆秋 利洋都市・環境工学概論、環境工学、環境化学、環境微生物学、衛生工学、 農業概論、つながり工学、実験実習Ⅲ・Ⅳ専攻科 機械・環境システム工学専攻副主任
工藤 宗治土質力学Ⅰ、実験実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、キャリアデザイン都市・環境工学科5年担任
東野 誠水理学Ⅰ ・ Ⅱ、実験実習Ⅳ、応用水理学、河川工学、専門応用力演習、水環境工学都市・環境工学科3年担任
前 稔文プログラミング基礎、構造力学Ⅱ、実験実習Ⅲ・Ⅳ、都市・環境デザイン、設計製図、農業概論、造形デザイン教務主事補
名木野 晴暢建設工学基礎、構造力学Ⅰ、実験実習Ⅰ、建設振動学、固体力学、専門応用力演習都市・環境工学科4年担任
永家 忠司都市・環境工学概論、実験実習Ⅱ・Ⅳ、都市計画、応用測量学、計画数理学、設計製図学生主事補
山本 大介総合演習、実験実習Ⅱ都市・環境工学科1年副担任
姫野 季之土質力学Ⅱ、地盤工学、実験実習Ⅲ都市・環境工学科3年副担任